iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

『リンゴループの発生原因について スマホ堂福山店』

2020/02/02

こんにちは!

iPhone修理とケース販売のスマホ堂福山店』スタッフHです。

今日も何も起こらず無事に1日を終えれるかと思ったら、案の定お決まりのところから案件が出てきました。

いや~...毎回の事ながら、かなり気を使わされます(笑)

調子がいいのかな?と思ったらいきなり不機嫌になったりと、波がちょっと大きいですよ。

この案件もすぐに終息してくれればいいんですけどね。

 

さて今日は、『リンゴループ』というApple製品に見られるシステム不具合の発生原因について紹介していきます。

まず『リンゴループ』とは、Apple社のロゴであるリンゴのマークが永遠と点滅を繰り返す症状の事です。

 

今日も1件iPad5でリンゴループに入ってしまったお客様からの依頼が入りました。

持ち込まれた時には端末から充電を要求されていたので、ケーブルに繋いで数分充電しているとリンゴのマークが映りました。

ただ、そこからいくら待てども次の画面へ移りません...

 

お客様にリンゴループへ入る前、何か思い当たる節は無いか伺ってみると「アップデートが自動で更新されていた」そうです。

おそらく今回の原因はアップデート中にWifi通信が途切れてしまい、リンゴループに陥ってしまったんでしょう。

 

お客様自身でパソコンへ繋ぎ、強制的にアップデートをかけたり、初期化を試みたようですが上手く出来ず福山店へ依頼に来られました。

福山店で行う作業も基本的にはお客様の行った作業と同じになりますが、アップデートを何度もパソコンから仕掛けることによって、復活することもあります。

強制アップデートで復活しない場合、最終手段として「初期化」という、端末内部のデータを全て消す方法もありますが基本的には出来るだけデータを残す方向で作業を進めていきます。

 

作業時間ですが、データ量にもよって時間の目安が変わってくるので具体的な時間は分かりかねますが、大体1時間程度いただけるとありがたいです。

 

ちょうどお客様は買い物へ出かけられる予定があるそうなので、その間に作業を行います。

パソコンへ繋いだあと強制的にアップデートを何度か掛けましたが、残念ながらこのiPad5は復活しませんでした...

お力になれず申し訳ありません。

 

リンゴループの発生原因としてもう1つ考えられるのは、バッテリーの寿命切れです。

寿命の短くなってしまったバッテリーを交換せず使用していると、端末自体にかなり負荷がかかります。

不可が掛かってしまう事によってリンゴループに陥ることもあるので、バッテリー交換での復活の線もまだ残っています。

ただ、iPadのバッテリー交換の場合、交換料が最低でも\15,000からなので、タブレットにこだわりが無い時は迷わず中古品に手を出しても良いかもしれません。

 

中古市場なら2万円も出せば程度の良い端末が転がっていますからね。

今回のお客様にもバッテリー交換と中古品への買い替えを提案させていただきました。

お客様はタブレットへ特別なこだわりも無いそうなので、今回はバッテリー交換はせず中古品を当たってみるそうです。

 

使用用途によっては修理するより買い替えた方が安く済む事もあります。

ご相談頂ければお客様に合った修理プランを紹介させてもらいます!

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP